夏至2020

こんにちは(^-^)。
お久しぶりです。


あんなに暑かった日々も終わり...
まだ暑さが残る9月、
虫たちは、暦通りに声を聞かせてくれるようになり、
虫たちの感覚に関心してしまいます。


そして、すっかり気温が下がってきた今日この頃、
皆さま、お元気でお過ごしでしょうか?


この春、
調子がなかなか整わないながらも、
ブログはアップしようと
時々、記事の下書きは書いていたので、
今日は、下書きファイルに
ためておいた記事の一つを
アップしたいと思います。


タイトルにあるように、
今年の夏至の頃に書いた記事です。


----------------
この日は、
まずは、
氏神さまへのお詣りに出かけることにし、


参道の桜並木の桜たちが、
大きく枝を広げて、
迎えてくれる新緑のトンネルをくぐり、




















鳥居をくぐり、進んだ先
境内の掲示板に見つけた
”今月の生命の言葉”は、


「水無月の
夏越の祓い
する人は 千年のいのち
延ぶといふなり」
ー読み人しらず

(解説)
半年間を過ごす日々で知らず識らずのうちに
内(心)と外(身)に降り積もる罪・穢を祓い清め
心身を清浄な形に戻すことで暑い夏も健康に過ごし
長命を得られていると考えられています。


とあった。



ありがたい言葉を胸に、
社でご挨拶を済ませ、
氏神様にお力をいただいた後...
ふと足元を見ると羽根がひとつ。





















ここに来るとよく見かける羽根。
これは、天使からのサイン☆ととることとし、
今年の残りの6か月に向けて
力をもらったような気持ちになり...



家に帰り、
神社でいただいた言葉にもあったので、
旅友であるクリスタルの浄化をすることに☆




















次に一緒に出かけるだろう”旅先”を、
イメージしながら過ごしていると、
ふと、
少し前に手に入れたまま、
ずっと箱に入れたままだった
ヒマラヤ水晶を思い出し、


それを取り出し、
同じように煙にくぐらせ...





















































そろそろどなたかご縁のある方へ
旅立つタイミングが近づいてきたのかなと
とても珍しいヒマラヤ水晶の天使に
心をあわせながら...


将来の持ち主の方へ
お届けする瞬間に思いを馳せていた。


























よしっ
今日からまた活動を始めるぞ、
そう誓いながら過ごした2020年の夏至の日☆


ーーーーー



夏至の決心から少し遅れましたが、
少しずつ加速できるように


今このタイミングが
私にとってのベストのタイミングでの
新しい始まりであることとし、
再スタートしたいと思います。


これからもお付き合いいただけると
とても嬉しく思います。


今日もお読みいただき
ありがとうございました♡


近況_2020.9

通常であれば、
9月になると、8月の湿気が驚くほどに引いて、
とーっても過ごしやすい風が吹くころだというのに...


相変わらず”日本の暑い夏”が続いている
9月1週目の週末、
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?


久しぶりにブログをアップさせてもっている私は、
この数か月、
始まった新しい生活に慣れるべく、
試行錯誤しながら、毎日過ごしておりました。


今年の春から、
昨年夏に、一緒にアメリカへ旅し、
ブログにも少し登場した姪のメイちゃんと
暮らし始めました。


朝7時頃には家を出るメイちゃんの
朝食、お弁当を用意して、
メイちゃんを送り出し、
メイちゃんが帰宅する夜10時頃に、
夕食(すっかり夜食の時間ですが...)を
用意し、片づけ、入浴...
という時間を過ごすため、
就寝は、0時半くらいになってしまい...


これまで、
なるべく”アーユルヴェーダ的生活”を心がけ、
睡眠を助けるピッタ(火)の時間帯である
22時~2時にできるだけ睡眠していた私には、
苦行とも言える、時間スケジュールとなり...


メイちゃんを送り出した後、
とにかく
”取り損ねた”睡眠時間を取りかえすかのように
つい最近まで、昼間はほぼ寝てばかりでした。(汗)


変な時間に睡眠を取るので、
これまた悪循環が出来、
夜は眠れない状態になったり...


元々、
8時間ほどの睡眠時間がベストであった私にとって、
睡眠時間が減ることは、拷問のような気分で、
何とかしなければ...と
毎日毎日、いろんなことを試しながら
生活していました。


ここにきって、やっと
睡眠時間を確保しながらも、
昼間、活動することができる”ルーティン”が
できつつあります。


まだリズムが少しできてきたところで、
改善が必要なところがでてくるかもしれませんが、
とりあえず、
現在のルーティンでやってみようと思います。


今年は、発信するぞ!という誓いが
すぐに挫折してしまった格好ではあったけれど、
この、メイちゃんとの生活は、
私にとって、”ギフト”のような時間とも
受け止めています。


今のところ、来年の春までの予定ですが、
彼女の希望している未来への道へ進めるよう、
私も愛情こめて
彼女をサポートしていきたいと思っています。


そんな時間を過ごしているこの数か月の間に、
気にかけてくださり、
メールやメッセージをくださった皆さま、
本当にありがとうございました。


眠い、眠い毎日でしたが、
摂取する栄養にも気をつけながら、
元気に過ごしております。


できつつある新しいルーティンの中に、
ブログを書いたり、その他のSNSでの発信の時間も
しっかり刻んでいこうと思っております。
再スタートしますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


生活に変化が迫られる世の中となりましたが、
皆さまも、
どうぞ元気にお過ごしください。


長くなりましたので、今日はこのへんで。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

私の朝活

朝起きて一番にすることは、
レモン水を飲むことです。


これは、アーユルヴェーダカウンセリングを
受けたときに
先生からいただいたアドバイスで、
もう5年以上続けていると思います。


レモン水を飲み、
身体のクレンジングをしています。


その後、部屋などの掃除をして、
空間を整えます。


ふき掃除をすると、
特に、空間のエネルギーが変わったのを感じ
とても気持ちがいい。


なので、毎日やろう!と思いますが、
まぁ、できないこともあります。


そして、可能であれば
氏神様へお参りに行っています。


徒歩で、往復40分くらいかかり
運動にもちょうどいいいので、
なるべく行くようにしています。


朝、散歩していると、
子どもに会うこともあり、
そんな時、
耳に入ってくる子供同士の会話は、
大人同士では発生しないような
笑いがあったりで
とても楽しい...☆






















そんな会話にも助けてもらいながら、
心のうきうきをキープしたり。


自分の心が
うきうき、わくわくの状態でいれば、
それに呼応して
うきうき、わくわくな出来事に恵まれる。


そうどこかで聞いたり、読んだりするけれど、
これもそのおかげかな?☆


ヨガスタジオへ毎週通っていた頃は、
朝6時になると
ぱっと目が覚めて
すっと布団から出ていたけれど、


スタジオへ通っていない現在は、
すっかりぐずぐずになってしまい...


これではいけない!
午前中をもっと充実させるのだ!
と考える今日この頃。


またヨガをやりたいなーなんて考えていたら、
無料放送のテレビ番組の中から、
ちょうどいい感じのハタヨガのプログラムを見つけ、
今週から
再びヨガを始めました。
(引き寄せた、かも?)


流れるようなヨガのシークエンスが
とても心地良い!


しばらく続けて、
後に、
自分の中に何か変化が起こるのか...
それを見つけるのが楽しみです。


そんな感じで、
午前中を過ごしています。
もっと早く起きて、もっと充実させたいとは
考えています。


*あ、ヨガ仲間の皆さま、スタジオにもお邪魔しますねー(^-^)。

クリスタルのささやき(#2 ラブラドライト)

キラキラ、光が美しいラブラドライト☆
どのピースも光を反射させ、
美しさをアピールしてきます。


カットがしてあるビーズで、
アクセサリー製作におすすめ☆。





























クリスタルのささやき (#2 ラブラドライト)

私はあなたの中に存在する小宇宙です。
あなたが大事に大事にしまっている小宇宙を
思い出してみてください。
考える必要はありません。

あなたが知らず知らずのうちに身に着けてしまった
心の鎧を少しずつ脱ぎ捨てて、
あなたの中の小宇宙につながれば、
自分がどんな星雲を表現できるのか
思い出すことができるでしょう。
私は、あなたのそんな瞬間を待っているのです。


-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽

こちらも来週のミネラルフェスタで展示の予定です。



日にち: 2020年2月14日(金)~16日(日)
時 間: 10時~18時(*最終日は、16時まで)
場 所: 東京都中央区日本橋富沢町11-12 
                サンライズビル TOKYO 3階 *MAP
最寄駅: 都営新宿線 馬喰横山駅 A3出口 徒歩3分
     日比谷線 小伝馬町駅 1出口 徒歩4分 等
      

ブースNoは、19です。
今回は、「小さな星雲」さんのブースの一部を貸していただくことになりました。
入口入って、右奥の窓側のブースです。
*「小さな星雲」さんは、昨年秋、小田原市のダイナシティにお店をオープンされました。お近くの方は是非♪


-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽

*久しぶりに、ブログのデザインテンプレートを変更してみました。
とりあえずこちらにしてみますが、また変更するかもしれません(^-^)。

Heart Lakeへの道 2

中断していたシャスタ旅の続きをスタートします!

☆前回のポストは↓こちらです。
Heart Lakeへの道 1


-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-

”ハートレイクへの道”へのトライは
仕切り直しとなり、
別の入口から
コースをたどるべく前へ進んだ。



すると、
とーってもアバウトな地図が目に入り、
確認してみると
小さく、”Heart Lake"が描かれていた。



なーんだ、ここに描いてあるではないかっ!
と思いながら、眺めていると、
そのコースから降りてきたらしい
ちょっとワイルドな恰好のお兄さんが目に入り、
ちょっと躊躇したけれど、
尋ねてみることにした。



私: 
”ハートレイクに行ってきたの?

お兄さん:
「うん、そうだよ」

私: 
”こっちがハートレイクへの道?”

お兄さん:
「うん、そう。だけど、そんなに簡単じゃないよ。
誰かについて行ったらいいよ。」

「あ、ほら、あの人たち、
あの人たちもきっと行くだろうから
ついて行ったら?」


と、お兄さんが指差していた先には、
さきほど”こっちじゃなかったよ。ごめんねー。”と
言いに来てくれたカップルだった。



それを聞いていたそのカップルの女の人が
微笑んで、オッケーと言ってくれた。



と言っても...



彼らもここは初めてだし、
さっきの様子から察すると、
行き方は知らない様子だったので...



頼りつつ、頼りすぎず...みたいな歩調で
彼らの後に続いて
歩いてみることにした。



しかし、歩調がかなり違い...
ゆっくりと歩いていた私たちは、
あっという間に彼らと離れてしまった。



最初は、木が空を隠すような道が続いたため
それほど暑さを感じることなく
歩くことができたけど、



しばらくすると、木が減り、
空が顔を出し始め、
日差しがぎらぎらと照りつけるようになっていき…



高度もだんだん上がってきたため、
息が切れ、
伯母の歩調がどんどんゆっくりとなり…



いつの間にか、
姪のメイちゃんが、
私の少し前をどんどん進んでいくスタンスになり…



最初は、
ふてぶてしく、
”とぼとぼ”と付き合ってくれていたメイちゃんが、
すっかり、伯母さんを引っ張っていく状態になってしまった。


息が切れた道。足が重かった道。
暑かった...































そのスタンスが続きながら
ひたすら進み、



途中、
降りてくる人たちに、
この先の道を聞いたり、
あとどれくらいなのか聞いたり、



”もう半分来ているよ。がんばれ!”と
言ってくれる人たちの言葉に
かなり励まされながらも



目指す場所が
この先にあるのかどうか
自信がないまま進む道が
約30分以上続き...



最後の丘を越えて...



そして、やっと!
頂上に到着☆



しかし!
ハートレイクはまだ目の前には現れず...


ま、まじ...


と心がすこーし萎えそうになりながらも、
必ず行くぞ!という伯母の気持ちは強く、



いや、間違っているはずはない!
必ずその場所はこの先にあるはず!



という気持ちを保ちながら、
さらに前進して行った先に!
その場所は、やっと姿を見せてくれたのでした。















































木陰を見つけ、
残り少ない手持ちの水を二人でシェアしながら、
その空間をじっくり味わい、



内臓の各細胞へ
酸素を届けられたと思われたころ...



もう少しここで過ごしたい、と
名残惜しい気持ちになりながらも、



お腹もすっかり空いていたので、
来た道を再び歩くことにし。



その歩き始めた下りの道では、
足も軽やかで...



あっという間にスタートした地点へ
たどり着いたのでした。



すると、
車を停めた場所のそばのキャッスルレイクのほとりで、



にっこり祝福をしてくれているような
空に出会った☆





その頃には、
すっかりランチタイムを過ぎていたけれど、
目当てのレストランのランチタイムオープン時間にぎりぎり間に合い、
つきあってくれたメイちゃんへお礼のランチ。(←”和牛”バーガー!)





「自分が目指す地点へ
たどり着けることを信じて進んでいると
必ず”助けが入り”
”その場所”への導きを得、
そして、たどり着くことができる。」



信じる、進む、
これからも、そんな道が続くのかな、と
再び感じた旅の1ページだった。

『ミネラルフェスタ in 東京』出展のお知らせ☆


皆さま、こんにちは。


今日は、
久しぶりに東京でのミネラルショー出展のお知らせです♪

来週14日から、日本橋で開催される『ミネラルフェスタ in 東京』に
出展させてもらうことになりました。


マダガスカル産 ジラソルクオーツ








光あふれるキラキラなクリスタルを見に、
どうぞいらしてください!



詳細は、以下です♪



日にち: 2020年2月14日(金)~16日(日)
時 間: 10時~18時(*最終日は、16時まで)
場 所: 東京都中央区日本橋富沢町11-12 
                サンライズビル TOKYO 3階 *MAP
最寄駅: 都営新宿線 馬喰横山駅 A3出口 徒歩3分
     日比谷線 小伝馬町駅 1出口 徒歩4分 等
      

ブースNoは、19です。
今回、「小さな星雲」さんのブースの一部を貸していただくことになりました。
入口入って、右奥の窓側のブースです。
*「小さな星雲」さんは、昨年秋、小田原市のダイナシティにお店をオープンされました。お近くの方は是非♪


皆さまのお越しをお待ちしております!


自分の弱みを手放したことと今年決心したこと☆


写真撮影をしようと張り切って出かけたけれど、
空が曇に覆われて、
影が多くなり、
もっと光が多い時間を待とうと
貝探しなどをしながら過ごしていたこの日の午後...




砂浜の波打ち際を歩きながら、
これからのことについて
考えがめぐり...。



今年初め、
今年は積極的に活動するぞ!と
心に誓い、
その決心が鈍らないように、と
心がける毎日☆



”クリスタルを必要としている人へ届けるのだ!”
とスタートした
クリスタルショップだけれど。
どうも、”発信”が苦手...(^-^;)



私は、小学校入学時、小学2年生2学期、
中学2年生2学期、
と、
電器メーカーに勤めていた父の転勤のために、
3回の転校を経験しました。



当時は、寂しさがありつつも...
次の場所で新しくスタートすることも
楽しみではありましたが、



特に、中学の転校は、
今考えると、
”転校生”として、浮いてしまわないように、
周りの空気を読むようにしたり、
どうふるまえば、環境に馴染めるのか...
などと、中学生なりに考えて
行動していたように思います。



転校生は、どうしても目立つので、
なるべく目立たないように、
目立たないように...
過ごしていた習慣が、
どうやら、私の中で、
定着していったようで。



それ以来、
”目立たないように”、”目立たないように”と
心がけながら、
行動をしていたように思います。



それなのに...



そんな私がショップオーナー!
始めた当初から、
自分でも、ビックリ!な出来事でした。



けれど、
そんな流れが自分に巡ってきて、(この話は機会があればまた♡)
流れに乗るように、
オーナーとしてスタートすることになりました。



しかし、私の中には
中学生の時からの習慣が!!



ずーっと握りしめていた困った習慣。
とっても時間がかかりましたが...



先日の山梨のお寺での経験も手伝っているのか?
(山梨への旅のブログは、こちら→「西へ★1」



自分の中にあった”恐れ”とも呼べる
不要な習慣を
手放すことができたように感じており...



ヨガのスタジオで、
参加した”サットサンガ”(真実のお話の時間)。
ネパール人のヨガの先生から伺ったありがたいお話。



”目からウロコ”とはこういうことを言うのか!!、
と衝撃を受けるような
ありがたいお話ばかりで、



その中の一つのお話に、
”自分がこうしたい、ああしたい”ということがあれば、
”自分で行動しないと周りには伝わらないのですよ”



”トイレに行きたければ、自分がトイレに行かなければ
誰かが代わりにトイレへ行ってくれるわけではないでしょう?”と。



そのお話にも
自分の背中を押してもらうことになりました。



”ともこさんのクリスタルを待っている人が
もっといるよー”
としばしば言ってくれる友人のありがたい言葉にも励まされ、
今年は、もっともっと活動していくんだ!
という決意を持ちました。



これからは、
どんどん発信していくようにしたいと思っています。



"Sparkle in your heart" 
きらきらトキメク (←これも友人に助けてもらいながら考えた言葉です。)
"Grab your spirit"
心をつかんで離さない



皆さまのハートが必要としているそんなクリスタルを
お届けできるように
活動していきたいと思います。






苦手だと思っていたSNSも、
がんばって、楽しんで!
アップしていきますので、(言っちゃった!(><)、なんて)
お付き合いの程、どうぞよろしくお願いします。



そんなことを考えていた海岸での
時間つぶしの午後でした☆



私が”がんばる”予定の発信元は、こちらになります(^-^)。
もしよかったら、お時間があるときにでもおつきあいください♪

【オンラインショップ】 http://tous-les-soleils.com/
【インスタグラム】 Instagram
【Facebook】 https://www.facebook.com/soleils.crystal/



おっと、長くなってしまいました。
最後まで読んでくださって、ありがとうございました!


2020年 初撮影会@ビーチ


2020年1月の最終日、
この日は、クリスタルの写真を撮ろうと
いくつかを選んでリュックに詰め、
重い荷物を背負って、海を目指して歩いた。



砂浜に着くと、
すぐに耳に届いた波の音が
とても心地よくって、



久しぶりのような気がして、
いつ以来かなーと考えたら、
昨年の夏のアメリカ旅で
友人に連れて行ってもらったオレゴンの海以来だった。


海岸がおもしろい地形だった。



Cannon Beach というところ。
太平洋の向こう側。



この日の前2日は、
とてもあたたかくて変な日だったけれど、
この日の予報は、”寒くなる”とのことで
一瞬気が萎えたけど...



今年は、積極的に活動するんだ、と誓っており、
いや、行くんだ!と強い気持ちを持ちながら、
準備をし、出発した。



この日は、雲が多くて、
光が当たったり、当たらなかったりだったけれど、
少ないチャンスに
いくつか写真を撮影☆


ブラジル産 ゴールデンレムリアン




ブラジル産 クリスタルスフィア
雲が出てる時間に拾ったシーグラスと一緒に☆




私は、これまで
自分は”山派”だと思っていたけれど、


波の音を聞きながらの
撮影大会は、
とても心地よく、
またハートにぐんぐん響いているのを感じた。


あれ?
私、”海派”なのかな??


と一瞬考えたりしたけれど、


海でも山でもどっちでもいい!
いや、どっちもいい!のだと
一人で納得した。



海岸に打ちあげられていたヒトデ
色がキレイ☆



曇っていた時に拾ったシーグラス


クリスタルも
海で光を浴びるのを
心地よく感じているようだった。



クリスタルとともに、
すっかり癒され、
パワーもチャージし、



海岸を離れるのが名残惜しくて...
日が沈んでも、
しばらく海岸を歩いていると、


沈んだ太陽が
辺りの雲に反射しており、


何だか、
夕陽のシャワーみたいな感じに見えた。



名残惜しく感じていた私たちに
太陽からのアンコールサービス☆



豊かな時間を過ごすことができたこの日を、
深く感謝した。


太陽の光が下から上へ






























海で撮った写真を
オンラインショップ、Instagram等へアップしていく予定にしてますので、
よかったら、ご訪問ください♪
【オンラインショップ】 http://tous-les-soleils.com/
【インスタグラム】 Instagram
【Facebook】 https://www.facebook.com/soleils.crystal/

ローズクオーツ アクセサリー製作してみました☆

モザンビークから届いたローズクオーツ原石♡


濃いピンクが美しいこのローズクオーツに
とても心惹かれました。


























ローズクオーツは、
大きなクラスター状に
結晶することはなく、


ある一定の大きさになると
内側へ内側へと結晶することから、
その特性により
”内面を癒す”と言われるようになった
という説があります。



ローズクオーツは、
その石が持つ”愛と調和のエネルギー”で、
ハートが傷ついた状態であれば、
その状態を癒し、修復してくれます。



定期的に
遠隔ヒーリングを受けてくださっている
不整脈の持病をお持ちのクライアントの方が、
このローズクオーツの原石を購入してくださいました。



その際、発作が発生した時の対応として、
このローズクオーツを胸に置いて
あるアファメーションを繰り返してみることを
アドバイスさせてもらいました。



実際に試してくださったところ、
発作が落ち着く現象が見られたとのこと。
それ以来、発作があれば、
同じように対応し、
以前よりも短い時間で落ち着かせることが
できるようになったそうです。



ツールよりも、
ご本人が心を合わせられたことが
一番の要因であるとは考えておりますが、
(”ご本人が一番のヒーラー”である!)



この美しいクオーツも
愛のエネルギーで寄り添ってくれ、
”持ち主と石との見事なコラボレーション☆”だったのでは
と、ご報告を受けて、
嬉しく、ニンマリしてしまいました。



昨年の夏、
この美しいローズクオーツ原石を
見てくださった方々から、
アクセサリーとして身に着けたい!という
コメントをいくつかいただきました。



そこで、
そちらにお応えすべく、
ワイヤーで巻いたシンプルな
ペンダントヘッドを製作してみました。


1月11日の満月の夜、
月の光をたっぷりチャージしました☆


























持ち主のハートに寄り添い、
優しく包んでくれる
ローズクオーツのアクセサリーが
この石のエネルギーを必要としている人の元へ
届きますように☆



”初回お試し価格”、
お財布に優しい価格!で
ご紹介をさせてもらっています。



よかったら、
オンラインショップへご訪問ください♪

↓こちらです!
http://tous-les-soleils.com/


*将来、ワイヤーに劣化が見られた場合、
対応させていただきますので、ご相談ください♪。


どうぞよろしくお願いいたします。

西へ☆2

ランチの後、
急に思い立った旅で
事前にリサーチもしていなかったこともあり。
特に目指す場所もないまま、
街を歩いてみることにした。



すると、
お城跡らしき建物が見えたので、
石垣好きであることもあり、
その公園を目指すことにし、
進んでいくと、



私の視界に見覚えのある形状のものが!



お城にオベリスク!?


私が見ているものは、
オベリスクなのか?
なぜ、お城にオベリスクがあるのか??



かなり驚き、
確かめるために
公園へ入った。



新しく組みなおされたらしき石垣もあったけれど、
古いものも残されているようにも見受けられ、
石垣の”エッジ”の曲線に萌えながら
先へ進む。




クリスタル好きの店主は、
石垣の石も好きで
つい見入ってしまう。



その昔、
城の石垣を組む専門職人は、
”石が話をする”と表現していたらしい。



キラキラしている石も
そうでない石も(というのは、適切な表現ではないと思われるが…)
石には共通するものがあるのだな、
と思った。



そして、たどり着いた
オベリスクらしき石の下。


オベリスクの背景に
美しい雪山が


説明によると、
大正時代に、
当時の明治神宮造営局の工学博士、技師の設計により
エジプトのオベリスク、パイロンを模って
製作されたものであるとのこと。



まさに、オベリスクだった。



2015年のエジプト旅で見たオベリスク☆
それはそれは力あるもので、
とても感動した。


ルクソール宮殿ライトアップ



ルクソール宮殿前
オベリスクと月☆

(その時のブログ→エジプト旅のブログ



そして、
この旅で出会ったオベリスク☆



古の人たちが
海の向こうの古代の叡智に
思いを馳せて建てられた、
その碑に対する
人々の思いを感じた。



この日、
ハートに響いた光をたどり、
出発した旅。



行き着いた先での
思いがけない出会いに
静かに感動していたのでした。



すると、
ふと見上げた空が
オッケーサインを
示してくれているように感じた。


富士山の上に浮かぶ
興味深い雲☆




















西へ☆1

この日、
西の光に導かれ、
たどり着いた旅先で
バスを降りて見上げた空が
まるでライマーのようだと
笑ってしまった。


ラリマーみたい?



石のように見えるなんて
初めてだなーと
感じながら、
進んだ先は、甲斐善光寺。





拝観料を払って進んだ先に、
”この部屋に進むと、”幸運の鍵”にふれることができます”とか何とか
書かれていた文言についつられるような気持ちで、
「お戒壇廻り」なるものを
体験してみることにした。



金堂の下に位置するというその部屋は、
”心”という文字の形になっているらしく、
まさに”真っ暗”な部屋の壁をたどりながら
歩いた先に、
その”鍵”があるとのこと。



その時、
私の前にも後にも
他の人が来なくて...



真っ暗な部屋で
一人きりで
行ったり来たりしながら
試してみようかな、
やめておこうかな...と
もじもじしながら
行ったり来たりした。



迷いながらも、
恐る恐る、戻るたびに
少しずつ少しずつ先へ進んでみた。



暗闇でもしばらくしたら目が慣れてきて
”うっすら”見えてくるだろう、
なんて期待もしたが、



ところが
暗闇は本当に本当に真っ暗で
しばらく経っても
まーったく何も見えてこない。



目をぱちぱちさせても、
本当に本当に何も見えない。
真っ暗なのである。



一歩一歩、
恐る恐る足を進めるたびに、
次の一歩で、
”すとーん”と下に落ちてしまうのではないか??と
びくびくしてして
足が進まない...


(↑これって!
自分の”恐れの思考”が
そこに”存在しないもの”を創り出し、
恐れている状態!ではないかっ!)



けれど、
そんなはずはない。
ここはお寺である。
人に怪我をさせるようなことがあるはずがない!



そう考え直し、
勇気を振り絞って歩を進めた。



その時ふと、
今、心に宿っている”恐ろしさ”というのは、
例えば、”オバケ屋敷”で
前進することを怖く感じるような、
そのような”恐ろしさ”では
ないことに気がついた。



それは、
何か自分が手を出したことがないものに
初めて挑戦するような、
一歩前に出そうとするときに勇気を絞り出しているような、
そんな状態であるように感じた。



バンジージャンプをするときで
こんな気持ちなのかな?
(私はぜーったいにやらないけど!)



バンジージャンプで覚悟を決めて、
飛び降りる瞬間って
こんな感じなのかな?って考えた。




”へっぴり腰”で進んだ先に、
無事、その幸運の鍵(錠)にふれることができ!
めでたく、暗闇から解放された。



それと同時に、
自分の心の中にあった何かに対する恐ろしさを
乗り越えたような気持ちになった。



その部屋の入口の説明に、
”戒壇廻り”は、
暗いところを進む場所です。
いわゆる儀式です。
明るくては意味がないです。”
とあった。



まだ自分が挑戦したことがないことに
これから進んでいく勇気を
もらったような
そんな気持ちになり、



そして、
必要でもないのに
大事そうに、ぎゅーっとに握りしめていたものを
手放すことができたような、


一歩先へ進む勇気をもらったような、
心を鍛えてもらったような、
そんな気持ちになった。



何だか少し晴れやかな気持ちになって、
お寺を後にし
最寄の駅へ向かうと、
空がオッケーサインを
出してくれたような気がした。


太陽の下の雲に
うっすらと虹が☆


夏至2020

こんにちは(^-^)。 お久しぶりです。 あんなに暑かった日々も終わり... まだ暑さが残る9月、 虫たちは、暦通りに声を聞かせてくれるようになり、 虫たちの感覚に関心してしまいます。 そして、すっかり気温が下がってきた今日この頃、 皆さま、お元気でお過ごしでしょうか? この春、...