投稿

2020の投稿を表示しています

私の朝活

イメージ
朝起きて一番にすることは、
レモン水を飲むことです。


これは、アーユルヴェーダカウンセリングを
受けたときに
先生からいただいたアドバイスで、
もう5年以上続けていると思います。


レモン水を飲み、
身体のクレンジングをしています。


その後、部屋などの掃除をして、
空間を整えます。


ふき掃除をすると、
特に、空間のエネルギーが変わったのを感じ
とても気持ちがいい。


なので、毎日やろう!と思いますが、
まぁ、できないこともあります。


そして、可能であれば
氏神様へお参りに行っています。


徒歩で、往復40分くらいかかり
運動にもちょうどいいいので、
なるべく行くようにしています。


朝、散歩していると、
子どもに会うこともあり、
そんな時、
耳に入ってくる子供同士の会話は、
大人同士では発生しないような
笑いがあったりで
とても楽しい...☆






















そんな会話にも助けてもらいながら、
心のうきうきをキープしたり。


自分の心が
うきうき、わくわくの状態でいれば、
それに呼応して
うきうき、わくわくな出来事に恵まれる。


そうどこかで聞いたり、読んだりするけれど、
これもそのおかげかな?☆


ヨガスタジオへ毎週通っていた頃は、
朝6時になると
ぱっと目が覚めて
すっと布団から出ていたけれど、


スタジオへ通っていない現在は、
すっかりぐずぐずになってしまい...


これではいけない!
午前中をもっと充実させるのだ!
と考える今日この頃。


またヨガをやりたいなーなんて考えていたら、
無料放送のテレビ番組の中から、
ちょうどいい感じのハタヨガのプログラムを見つけ、
今週から
再びヨガを始めました。
(引き寄せた、かも?)


流れるようなヨガのシークエンスが
とても心地良い!


しばらく続けて、
後に、
自分の中に何か変化が起こるのか...
それを見つけるのが楽しみです。


そんな感じで、
午前中を過ごしています。
もっと早く起きて、もっと充実させたいとは
考えています。


*あ、ヨガ仲間の皆さま、スタジオにもお邪魔しますねー(^-^)。

クリスタルのささやき(#2 ラブラドライト)

イメージ
キラキラ、光が美しいラブラドライト☆ どのピースも光を反射させ、 美しさをアピールしてきます。

カットがしてあるビーズで、 アクセサリー製作におすすめ☆。




























クリスタルのささやき (#2 ラブラドライト)
私はあなたの中に存在する小宇宙です。 あなたが大事に大事にしまっている小宇宙を 思い出してみてください。 考える必要はありません。
あなたが知らず知らずのうちに身に着けてしまった 心の鎧を少しずつ脱ぎ捨てて、 あなたの中の小宇宙につながれば、 自分がどんな星雲を表現できるのか 思い出すことができるでしょう。 私は、あなたのそんな瞬間を待っているのです。

-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽
こちらも来週のミネラルフェスタで展示の予定です。

『ミネラルフェスタ in 東京』 http://mineralfesta.info/tokyo/index.html
日にち: 2020年2月14日(金)~16日(日) 時 間: 10時~18時(*最終日は、16時まで) 場 所: 東京都中央区日本橋富沢町11-12                  サンライズビル TOKYO 3階 *MAP 最寄駅: 都営新宿線 馬喰横山駅 A3出口 徒歩3分      日比谷線 小伝馬町駅 1出口 徒歩4分 等
☆ブースNoは、19です。 今回は、「小さな星雲」さんのブースの一部を貸していただくことになりました。 入口入って、右奥の窓側のブースです。 *「小さな星雲」さんは、昨年秋、小田原市のダイナシティにお店をオープンされました。お近くの方は是非♪

-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽
*久しぶりに、ブログのデザインテンプレートを変更してみました。 とりあえずこちらにしてみますが、また変更するかもしれません(^-^)。

Heart Lakeへの道 2

イメージ
中断していたシャスタ旅の続きをスタートします!

☆前回のポストは↓こちらです。
Heart Lakeへの道 1


-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-▽-

”ハートレイクへの道”へのトライは
仕切り直しとなり、
別の入口から
コースをたどるべく前へ進んだ。



すると、
とーってもアバウトな地図が目に入り、
確認してみると
小さく、”Heart Lake"が描かれていた。



なーんだ、ここに描いてあるではないかっ!
と思いながら、眺めていると、
そのコースから降りてきたらしい
ちょっとワイルドな恰好のお兄さんが目に入り、
ちょっと躊躇したけれど、
尋ねてみることにした。



私: 
”ハートレイクに行ってきたの?

お兄さん:
「うん、そうだよ」

私: 
”こっちがハートレイクへの道?”

お兄さん:
「うん、そう。だけど、そんなに簡単じゃないよ。
誰かについて行ったらいいよ。」

「あ、ほら、あの人たち、
あの人たちもきっと行くだろうから
ついて行ったら?」


と、お兄さんが指差していた先には、
さきほど”こっちじゃなかったよ。ごめんねー。”と
言いに来てくれたカップルだった。



それを聞いていたそのカップルの女の人が
微笑んで、オッケーと言ってくれた。



と言っても...



彼らもここは初めてだし、
さっきの様子から察すると、
行き方は知らない様子だったので...



頼りつつ、頼りすぎず...みたいな歩調で
彼らの後に続いて
歩いてみることにした。



しかし、歩調がかなり違い...
ゆっくりと歩いていた私たちは、
あっという間に彼らと離れてしまった。



最初は、木が空を隠すような道が続いたため
それほど暑さを感じることなく
歩くことができたけど、



しばらくすると、木が減り、
空が顔を出し始め、
日差しがぎらぎらと照りつけるようになっていき…



高度もだんだん上がってきたため、
息が切れ、
伯母の歩調がどんどんゆっくりとなり…



いつの間にか、
姪のメイちゃんが、
私の少し前をどんどん進んでいくスタンスになり…



最初は、
ふてぶてしく、
”とぼとぼ”と付き合ってくれていたメイちゃんが、
すっかり、伯母さんを引っ張っていく状態になってしまった。

































そのスタンスが続きながら
ひたすら進み、



途中、
降りてくる人たちに、
この先の道を聞いたり、
あとどれくらいなのか聞いた…

『ミネラルフェスタ in 東京』出展のお知らせ☆

イメージ
皆さま、こんにちは。


今日は、
久しぶりに東京でのミネラルショー出展のお知らせです♪

来週14日から、日本橋で開催される『ミネラルフェスタ in 東京』に
出展させてもらうことになりました。










光あふれるキラキラなクリスタルを見に、 どうぞいらしてください!


詳細は、以下です♪

『ミネラルフェスタ in 東京』 http://mineralfesta.info/tokyo/index.html
日にち: 2020年2月14日(金)~16日(日) 時 間: 10時~18時(*最終日は、16時まで) 場 所: 東京都中央区日本橋富沢町11-12                  サンライズビル TOKYO 3階 *MAP 最寄駅: 都営新宿線 馬喰横山駅 A3出口 徒歩3分      日比谷線 小伝馬町駅 1出口 徒歩4分 等
☆ブースNoは、19です。 今回、「小さな星雲」さんのブースの一部を貸していただくことになりました。 入口入って、右奥の窓側のブースです。 *「小さな星雲」さんは、昨年秋、小田原市のダイナシティにお店をオープンされました。お近くの方は是非♪

皆さまのお越しをお待ちしております!


自分の弱みを手放したことと今年決心したこと☆

イメージ
写真撮影をしようと張り切って出かけたけれど、
空が曇に覆われて、
影が多くなり、
もっと光が多い時間を待とうと
貝探しなどをしながら過ごしていたこの日の午後...




砂浜の波打ち際を歩きながら、 これからのことについて 考えがめぐり...。


今年初め、 今年は積極的に活動するぞ!と 心に誓い、 その決心が鈍らないように、と 心がける毎日☆


”クリスタルを必要としている人へ届けるのだ!” とスタートした クリスタルショップだけれど。 どうも、”発信”が苦手...(^-^;)


私は、小学校入学時、小学2年生2学期、 中学2年生2学期、 と、 電器メーカーに勤めていた父の転勤のために、 3回の転校を経験しました。


当時は、寂しさがありつつも... 次の場所で新しくスタートすることも 楽しみではありましたが、


特に、中学の転校は、 今考えると、 ”転校生”として、浮いてしまわないように、 周りの空気を読むようにしたり、 どうふるまえば、環境に馴染めるのか... などと、中学生なりに考えて 行動していたように思います。


転校生は、どうしても目立つので、 なるべく目立たないように、 目立たないように... 過ごしていた習慣が、 どうやら、私の中で、 定着していったようで。


それ以来、 ”目立たないように”、”目立たないように”と 心がけながら、 行動をしていたように思います。


それなのに...


そんな私がショップオーナー! 始めた当初から、 自分でも、ビックリ!な出来事でした。


けれど、 そんな流れが自分に巡ってきて、(この話は機会があればまた♡) 流れに乗るように、 オーナーとしてスタートすることになりました。


しかし、私の中には 中学生の時からの習慣が!!


ずーっと握りしめていた困った習慣。 とっても時間がかかりましたが...


先日の山梨のお寺での経験も手伝っているのか? (山梨への旅のブログは、こちら→「西へ★1」


自分の中にあった”恐れ”とも呼べる 不要な習慣を 手放すことができたように感じており...


ヨガのスタジオで、 参加した”サットサンガ”(真実のお話の時間)。 ネパール人のヨガの先生から伺ったありがたいお話。


”目からウロコ”とはこういうことを言うのか!!、 と衝撃を受けるような ありがたいお話ばかりで、


その中の一つのお話に、 ”自分がこうしたい、ああした…

2020年 初撮影会@ビーチ

イメージ
2020年1月の最終日、 この日は、クリスタルの写真を撮ろうと いくつかを選んでリュックに詰め、 重い荷物を背負って、海を目指して歩いた。


砂浜に着くと、 すぐに耳に届いた波の音が とても心地よくって、


久しぶりのような気がして、 いつ以来かなーと考えたら、 昨年の夏のアメリカ旅で 友人に連れて行ってもらったオレゴンの海以来だった。







この日の前2日は、 とてもあたたかくて変な日だったけれど、 この日の予報は、”寒くなる”とのことで 一瞬気が萎えたけど...


今年は、積極的に活動するんだ、と誓っており、 いや、行くんだ!と強い気持ちを持ちながら、 準備をし、出発した。


この日は、雲が多くて、 光が当たったり、当たらなかったりだったけれど、 少ないチャンスに いくつか写真を撮影☆









私は、これまで 自分は”山派”だと思っていたけれど、

波の音を聞きながらの 撮影大会は、 とても心地よく、 またハートにぐんぐん響いているのを感じた。

あれ? 私、”海派”なのかな??

と一瞬考えたりしたけれど、

海でも山でもどっちでもいい! いや、どっちもいい!のだと 一人で納得した。





ローズクオーツ アクセサリー製作してみました☆

イメージ
モザンビークから届いたローズクオーツ原石♡




























ローズクオーツは、
大きなクラスター状に
結晶することはなく、


ある一定の大きさになると
内側へ内側へと結晶することから、
その特性により
”内面を癒す”と言われるようになった
という説があります。



ローズクオーツは、 その石が持つ”愛と調和のエネルギー”で、 ハートが傷ついた状態であれば、 その状態を癒し、修復してくれます。


定期的に 遠隔ヒーリングを受けてくださっている 不整脈の持病をお持ちのクライアントの方が、 このローズクオーツの原石を購入してくださいました。


その際、発作が発生した時の対応として、 このローズクオーツを胸に置いて あるアファメーションを繰り返してみることを アドバイスさせてもらいました。


実際に試してくださったところ、 発作が落ち着く現象が見られたとのこと。 それ以来、発作があれば、 同じように対応し、 以前よりも短い時間で落ち着かせることが できるようになったそうです。


ツールよりも、 ご本人が心を合わせられたことが 一番の要因であるとは考えておりますが、 (”ご本人が一番のヒーラー”である!)


この美しいクオーツも 愛のエネルギーで寄り添ってくれ、 ”持ち主と石との見事なコラボレーション☆”だったのでは と、ご報告を受けて、 嬉しく、ニンマリしてしまいました。


昨年の夏、
この美しいローズクオーツ原石を
見てくださった方々から、
アクセサリーとして身に着けたい!という
コメントをいくつかいただきました。



そこで、
そちらにお応えすべく、
ワイヤーで巻いたシンプルな
ペンダントヘッドを製作してみました。




























持ち主のハートに寄り添い、
優しく包んでくれる
ローズクオーツのアクセサリーが
この石のエネルギーを必要としている人の元へ
届きますように☆



”初回お試し価格”、
お財布に優しい価格!で
ご紹介をさせてもらっています。



よかったら、
オンラインショップへご訪問ください♪

↓こちらです!
http://tous-les-soleils.com/


*将来、ワイヤーに劣化が見られた場合、
対応させていただきますので、ご相談ください♪。


どうぞよろしくお願いいたします。

西へ☆2

イメージ
ランチの後、
急に思い立った旅で 事前にリサーチもしていなかったこともあり。 特に目指す場所もないまま、 街を歩いてみることにした。


すると、 お城跡らしき建物が見えたので、 石垣好きであることもあり、 その公園を目指すことにし、 進んでいくと、


私の視界に見覚えのある形状のものが!




私が見ているものは、 オベリスクなのか? なぜ、お城にオベリスクがあるのか??


かなり驚き、 確かめるために 公園へ入った。


新しく組みなおされたらしき石垣もあったけれど、 古いものも残されているようにも見受けられ、 石垣の”エッジ”の曲線に萌えながら 先へ進む。



クリスタル好きの店主は、 石垣の石も好きで つい見入ってしまう。


その昔、 城の石垣を組む専門職人は、 ”石が話をする”と表現していたらしい。


キラキラしている石も そうでない石も(というのは、適切な表現ではないと思われるが…) 石には共通するものがあるのだな、 と思った。


そして、たどり着いた オベリスクらしき石の下。



説明によると、 大正時代に、 当時の明治神宮造営局の工学博士、技師の設計により エジプトのオベリスク、パイロンを模って 製作されたものであるとのこと。


まさに、オベリスクだった。


2015年のエジプト旅で見たオベリスク☆ それはそれは力あるもので、 とても感動した。





西へ☆1

イメージ
この日、 西の光に導かれ、 たどり着いた旅先で バスを降りて見上げた空が まるでライマーのようだと 笑ってしまった。




石のように見えるなんて 初めてだなーと 感じながら、 進んだ先は、甲斐善光寺。




拝観料を払って進んだ先に、 ”この部屋に進むと、”幸運の鍵”にふれることができます”とか何とか 書かれていた文言についつられるような気持ちで、 「お戒壇廻り」なるものを 体験してみることにした。


金堂の下に位置するというその部屋は、 ”心”という文字の形になっているらしく、 まさに”真っ暗”な部屋の壁をたどりながら 歩いた先に、 その”鍵”があるとのこと。


その時、 私の前にも後にも 他の人が来なくて...


真っ暗な部屋で 一人きりで 行ったり来たりしながら 試してみようかな、 やめておこうかな...と もじもじしながら 行ったり来たりした。


迷いながらも、 恐る恐る、戻るたびに 少しずつ少しずつ先へ進んでみた。


暗闇でもしばらくしたら目が慣れてきて ”うっすら”見えてくるだろう、 なんて期待もしたが、


ところが 暗闇は本当に本当に真っ暗で しばらく経っても まーったく何も見えてこない。


目をぱちぱちさせても、 本当に本当に何も見えない。 真っ暗なのである。


一歩一歩、 恐る恐る足を進めるたびに、 次の一歩で、 ”すとーん”と下に落ちてしまうのではないか??と びくびくしてして 足が進まない...

(↑これって! 自分の”恐れの思考”が そこに”存在しないもの”を創り出し、 恐れている状態!ではないかっ!)


けれど、 そんなはずはない。 ここはお寺である。 人に怪我をさせるようなことがあるはずがない!


そう考え直し、 勇気を振り絞って歩を進めた。


その時ふと、 今、心に宿っている”恐ろしさ”というのは、 例えば、”オバケ屋敷”で 前進することを怖く感じるような、 そのような”恐ろしさ”では ないことに気がついた。


それは、 何か自分が手を出したことがないものに 初めて挑戦するような、 一歩前に出そうとするときに

新年のご挨拶

イメージ
新年もどうぞよろしくお願いいたします。
おくればせながら、 ごあいさつ申し上げます。



























今年の元旦は、 雲が多く出ていたこともあって、 初日の出を拝みに海岸へ行くことは 断念し、

しかし、 このところ毎年お正月に恒例にしている 伊勢詣りには出かけてきました。




伊勢神宮へは、 朝6時に出発をして、向かいます。




毎年、この土地では心新たな気持ちになります。




















お詣りの後、
ありがたい甘酒をいただき(しょうが入り!)、
身体があたたまり、
早起きをがんばった身体がとても癒されます。


今年は、タイミングよく
神馬にも会うことができました。
すらっと細見の神馬は、
歩く後ろ姿がそれはそれは美しく、
うっとり見とれてしまいました。


とてもおとなしく、
彼を眺める私たちを
大きな美しい瞳でじっと観察しているようでもあり...


”神馬”と呼ばれるに相応しい馬であるように
感じました。


今年のお正月も
ありがたい時間を過ごすことができました。
今年一年の積極的な活動に
心新たにしました。



そこで、今年一番の活動は、
昨年好評だったローズクオーツの
アクセサリーをご提供したいと考えています。


とても色が濃く美しいローズクオーツを見てくださった方から
身に着けたい!
というお声をいくつかいただきました。


お気軽に原石を身に着けていただけるよう
シンプルなデザインで現在製作中です。


近いうちにお届けできればと考えておりますので
どうぞお楽しみに☆


それでは、
今年もどうぞよろしくお願いいたします!


Tomoko