Translate

2016年2月5日金曜日

冬の森公園


昨日は、
オンラインショップへ商品アップのための撮影のために
両肩にずっしりと重く乗りかかってくる重みに耐えながら
クリスタルを背中に、公園へ向かった。


先日、量販店で撮影用ボックスというものを
買ってみたけれど、
いまいち都合よく撮れない。
なので、久しぶりに公園で撮影をしてみることに。


公園への途中の道で、
すでにわくわくしてきて、
今年は公園でもっと撮影することにしよう、とプランを立てる。


落ち葉が積もった公園には、
緑が少ないけれど、
春に備えて蕾を持った木もあって、
寒い寒いと、布団から出るのがまだまだつらい毎朝だけれど、
しっかりと季節は流れていることを感じる。


以前は、
公園で、クリスタルの撮影をしていると、
”おかしなことをしている人”に見えるかもしれないなーと
考えたりすることもあったけれど、


一度、別の公園で撮影をしていた時、
「何を撮影しているのですか?」と女性に話しかけられ、
その人にとても興味を持ってもらえたことをきっかけに、
堂々と広げて撮影することができるようになった。



作業を始めていると、
横をジョギングやウォーキングで何周もしている人が何人かいたり
中には、
わたしの横を通り過ぎたとたんに、
「えー、宴もたけなわですが~」と紙を見ながら、
発声を始めた人もいて、


ここでは、みんな、自由でいいなーと、
とても嬉しくなった。



訪問客もいて、
カメラがピントを合せようとする”ぴぴっ””ぴぴっ”という音に反応したのか、
ハトが何羽か寄ってきたり、
お散歩中のワンちゃんも寄ってきたり。


小学生の男の子と散歩中のフレンチブルドックのワンちゃんが
近づいてきているのに気が付いたので、
”歓迎”のつもりで、
手を止めて、そのブルドックの方を見ていたら、


わたしと目があった瞬間に、
”ぶぴっ”と鼻をならして、
ぷいっ、と”きびす”を返すように、行ってしまった。


どうやら、わたしは彼の”タイプ”ではなかったようで...(苦笑)


わたし、ちょっと、振られた気分...


ゲームをしながら犬の散歩をしていた
何とも器用な、その小学生のお兄ちゃんにも
わたしがワンちゃんにふられた様子を感じ取ったのか、
意地悪気に、”にやっ”とされてしまった。


うっ。
失恋2連発。


でもこれに懲りずに、次回もそのワンちゃんに出会ったら、
また同じことをやってみることにする。
今度は、彼を振り向かせるんだ!とちょっとだけ恋する乙女の気分。



次々と石を取り出して、
まるで、カメラマンがモデルさんに、
”そうそう、きれいきれい”なんてほめながら??
撮影するように、
自分のココロの周波数をそれぞれの石へ合わせると、
石たちもなんだか張り切ってくれるようにさえ感じ、


太陽の光をめいっぱい吸収して、発光し始めたり、







”わたし、こんなにきれいなの...”
と内側から大きな虹を見せてくれたり。






楽しい時間はあっという間で、
また来よう!と思った、冬の森公園☆。




0 件のコメント:

コメントを投稿