Translate

2015年11月5日木曜日

木になるものが気になる季節☆ あはっ!


秋晴れで気持ちのいい毎日、
とても気になっているものがあるこの頃。


ベランダの手すりに布団を干しながら、
大家さんの庭になる柿の実がとても気になっているのである☆。


大家さんは、毎年その柿を穫ったら、
その柿をスーパーの袋に入れて、
マンションの住民のドアノブにかけておいてくれる。


この柿は、大家さんのお父様が、
昔、どこかのお寺から(←お寺の名前を忘れてしまった)
苗をいただいてきて、それが育ったものなのだそう。
とてもありがたい柿のよう。


そして、この柿の美味しいこと!
柿の実は、渋柿のような形をしており、
少し小さめで、
固さは、私好みの”ぱりっ、ぱりっ”で、
噛むと、私は”ナッツのような味がする”と感じている。
だから、何個もいただいても
あっという間に全部食べてしまう...
元々柿が好きなのだけど、この柿は特別美味しいのです。


先日、大家さんと話す機会があり、


”大家さん、柿まだですかね?”とニヤニヤしてお聞きすると、
”うーん、まだだと思うがね。木の下の方のはまだ青いみたいだよ。”

という会話を3週間ほど前にしたのだが、

それから、10日ほど後にエントランスでお会いした時、
80歳後半になる大家さんなので、

しつこい私は、
”大家さん、柿を穫る時には、言って下さいね。
今年は、私が穫るのをお手伝いしますから!”と言うと、

”そうかね、では今年はお願いしようかね。
で、柿はどう?”と聞かれたので、

”もう上の方は、鳥にいくつも食べられてます。”と伝えると、
”そうかね、下はまだだと思うけどね”とおっしゃり、
会話が終わってしまった...


それから、たぶん10日は経ったと思うが...
柿はまだ木になったままであり、
毎日、布団を出したり入れたりする時に、
未だに、ついつい上から眺めてしまう柿の木なのでした。


そういえば、先日の酵素ジュースを作るための材料を
お庭で集めている時も
実をとても一生懸命穫っていたような記憶あり...
実がなるものには、どうやら興味が湧きやすい性質のようである。
おふぉふぉふぉふぉ〜。



これは、叔母夫婦が実家へ
送ってくれた柿。
こちらも庭の柿で、
ぱりぱりで美味しかった!




まだ慣れないオンラインショップへの商品のアップを
少しずつ進めていますが、
今日はそのショップの管理画面の調子が悪いとのこと、
作業を進めることができず...


これも何かのサインかなと思い...
ショーに向けての準備を進める等をしようと予定を立てながら
ひさしぶりにブログを書いてみました。


今日も、ご訪問ありがとうございます♬。


0 件のコメント:

コメントを投稿