Translate

2015年6月22日月曜日

光のフェスティバル〜☆

月と木星と金星


夏至の前夜☆
"Happy Solstice Eve!"とメッセージが
飛び交っていた時間だった☆

ちょっと用事を思い出して駅前へと出かける。

自宅を出ると
いつも通っている駅への近道ではなく
別の道を歩いてみようという気になり、
駅とは反対の方向へと歩き始める。


数歩歩いたとき、
ふと光を感じて見上げてみると、
それらはそっと微笑んでいるようだった。


電線のからまる住宅街にも、
変わらず光を披露してくれている3つの光のダンス。


私は、観客となり
しばらくその光を眺める。


地球に居る全ての人が眺めることのできるその光であるのに、
まるで私だけのためのショーであるかのように、
私だけが独占したかのように、
勝手になり...


”ギフト”として
スペシャルな時間を
受け取ったような気がした。
いや、(勝手に)そうすることにした。
私はハッピーな気分にだったのである!


今ごろ、古代の遺跡では、
太陽の光に感謝の儀式が行われているのかな。


地球と太陽が手を結び、創造する
そのスペシャルな光を祝福する平和な時間へ
想いを馳せてみる...


Stone Henge, England
2012/7/5


Happy Summer Solstice Day!
今日は、雨は降ってないけれど、雲に覆われた空
夕方にはその雲が切れて、
太陽が顔を出してくれたらいいなーと願う東京より☆


0 件のコメント:

コメントを投稿