Translate

2015年5月19日火曜日

流れに乗る☆

福岡ミネラルショーにお越しくださった皆様、
どうもありがとうございました。
ふたたび繋がったご縁...
新しいご縁...
それぞれ、素晴らしいご縁に感謝しています☆
また近いうちにお会いできるのを楽しみにしています。




搬入のために、
ショーが始まる前日、福岡に到着し、
ホテルで一部の荷物を預けたあと、


会場へのバスを待っていた博多駅前で、
東京より少しだけ陽射しが強いかな?などと
ぼんやりと考えていると、ふと、

”流れ”

という言葉をキャッチしていた。


ショーに出展するという新しい試みにも
少しずつ慣れて来たのか、
前回よりも緊張せずに、
その予定をこなせているように感じ、


そうだ、そうだ、
これは流れに乗れているのだ☆などと


以前よりもあたふたせずに、
スムーズに予定をこなすことができていることに
喜びを感じ、
そして、感謝の気持ちがわいてきていた。


それと同時に、
福岡滞在中、間の1日だけ、
予定がすっぽり空いたことを思い出し、
そのことへ、考えが巡り始めていた。


どうしようかな...

早く東京へ帰ってもいいけれど...


など、考えがあちらこちらに巡り始め、
気持ちが定まらない...


この九州の土地で、急遽いただいた”時間”☆

何か意味があるのかもしれない。


ひょっとしたら、
自分が足を運ぶべき場所があるのかもしれない。


もしそうなのであれば、
その土地のことが
浮かんでくるかもしれない。


そんな思いが浮かんで来て、
その”どこか”が、
心に響いてくるのを
しばらく待ってみることにした。


一旦、そのことを思考から手放し
しばらくして


どこからか
響いてきた言葉が、

「霧島」

だった。



以前、友人と宮崎を旅したときに、
霧島の日帰り温泉へは
立ち寄る機会をもらったが、
霧島神宮などには立ち寄っていなかった。


その旅のことを思い出しながら、
霧島の森のイメージが浮かび、


温泉へ連れて行ってもらったときに見た、
霧島の森の深い緑の樹々たちが
とても印象に残っていて、


いつかゆっくり訪れてみたいと思っていたことを
思い出していた。



それでも、
今回霧島へ行けるとしてもたった1日。
滞在時間は短いし、
おまけに台風が近づいているし...


もし霧島へ行くとしたら、
私は台風へぶつかりに行っているようではないか!!

そんな行動をするのか!??

と考え始め...

やはり心が決まらない時間を過ごしていた。



そんなふうに考えを巡らせているうちに、
ショーは始まり、
一日目が終わり...


やっぱり止めておこうかな...

と気持ちが傾いていたころ、


水を買おうとコンビニに入ると、

そのコンビニが販売している水が

「霧島の水」

だった...


そっか...


と一旦メッセージとして
受け取ったようなそうでないような。



すると、夜、
滞在していたホテルで
テレビを見ていると、

霧島のお酒のCMが流れた。


それから、
このCMを何回も
見ることになった。


九州にいるのだから、
同じ九州である鹿児島についてふれる
可能性は高い。


けれども、
九州には、
阿蘇の水だってあるし、
お酒だっていろんな種類がある。


これは、GOサイン☆


嵐の中、
それでもその土地に行くように促されているのであれば、
必ず守られているはずだし、

何か大切な理由があって、
その大地を踏みしめる必要があるのかもしれない。


ということにして☆


晴れ女であるという自負!?だけを
大きな力にして、
そんな流れで、霧島へ
出発することを決断したのでした。


ちょっと長くなってしまったので、
また続きは次回に☆





0 件のコメント:

コメントを投稿