Translate

2013年12月26日木曜日

Beaune, France フランス ボーヌ


クリスマスに相応しい写真はなかったかな?と考え始め、
思いついたのが、この夏に立ち寄った
フランス ブルゴーニュ地方の小さな可愛い街、
Beaune(ボーヌ)で見た絵です。
(イエス誕生の絵ではないけれど...)

”コルマールで素晴らしい絵を見てきた”と
南仏で宿泊したB&Bの主人に話をすると、
( 「イーゼンハイム祭壇画」の記事 → ☆★☆

「Beaune(ボーヌ)という街に、とても大きなホスピスがあり、
そのホスピスにも、とても素晴らしい”多翼祭壇画”があるから
行ってみるといい」と言われ、
とても興味を持った私は、
パリへ戻る途中に立ち寄ってみたのでした。

『最後の審判』

”今世で純粋であった魂は軽いため、天へ、”
イエスの下にいるのは、魂を測る天秤を持った
大天使ミカエル。
〜イヤホンガイドより〜

イエスの右手側に”慈悲”を表すユリ、
左手側には、”正義”を表す剣の絵。

描かれている細部の意味を深く考えると
少し恐れを感じてしまいそうになってしまう絵ですが、
作者の絵にかけた力強い情熱と美しい光を感じる素晴らしい絵でした。

ライトを最小限にした暗い部屋に
しばらく滞在し、
静かでゆっくりとした時間を過ごしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿